亜鉛を摂取したいけど、料理も難しい場合は?

亜鉛を摂取したいけど、料理も難しい場合は?

亜鉛を摂取するのに、毎日のメニューを見直そう!ご主人や子供たちの健康を考えると主婦の人はこのように思います。
確かに、毎日しっかりと亜鉛を摂取することは必要ですし、普段の食事でそれが賄えたとしたら、これが一番よいということになります。
しかし、仮に牡蠣ですと2個くらいでいいのですが、牛肉なら100gあたりの亜鉛の量を元に計算すると一日200g〜300gは食べないといけなくなります。
これを毎日となると、亜鉛は摂取できても体重や生活習慣病の方が気になります。
パルメザンチーズも100g以上ということになりますし、かに缶も200g以上ということになります。単独の食品で計算すると、亜鉛を多く含む食品でもこのくらいの数字となります。
ですから、あらゆる食材から取り入れた方がいいということは分かっていても、このようにかなりの量の食事をしなければ無理ということになります。
毎日となるとハードルが高いです。
家族のことを思う主婦の人の頑張りも難しいくらいに継続的摂取が難しいという亜鉛。できれば、亜鉛を多く含む食品を取り入れたメニューを作りながらも、足りないと思われる分だけサプリメントに助けてもらうという方法もあります。すべてを料理メニューで頑張ろうと思わずに、サプリメントをサポートする立場で利用するというのもひとつの方法です。